コンテンツ



 

仕事をしていれば、目にすることもある手形。
普通に生活していてもなかなか目にすることはありません。

このサイトでは、知っておきたい手形に関する情報をわかりやすくまとめて紹介していきましょう。

手形や小切手、普通に生活している場合にはなかなか目にすることはありませんよね。大金を運ぶ時に、安全面や面倒をなくすために小切手を切る場合もある様ですが、通常小切手を切る習慣のある人は、そういないはずです。手形は会社を経営していたり、会社の業務で携わっている人は取扱いをしていることがあるかもしれませんね。

小切手や手形の国内流通総額は、1年間におおよそ370兆円くらい。知らないだけでかなりの金額が動かされています。
このサイトでは、手形についての基本的な情報を紹介します。

手形には、約束手形・為替手形の2種類が存在します。

約束手形とは、現在支払う事はできませんが、3ヶ月後、指定の金融機関で手形に記載されている金額をお支払いすることができます。と約束しているものが約束手形です。現在は手持ちのお金がない。けれど3か月先ならめどが立つ。という点がポイントで、信頼関係がなければ取引が成立しないため「信用証券」と呼ばれています。
企業間取引、特に中小企業間でのやりとりが多く、不況になると1枚の約束手形の不渡りから、連鎖倒産に発展する場合があります。

為替手形とは、間に第三者が入り、やりとりの行われる手形をいいます。手形を振り出す振出人と、振り出された手形に基づいて支払いを行う支払人、そして受取人の三者でのやり取りをする手形です。おもに遠隔地との取引の際に主に使われます。

ちなみに小切手とは、銀行に当座預金の口座を持ち、その口座から小切手に記載された金額を支払いを約束するものです。現在では、振込等の利便性が良くなったため、企業間、個人共にあまり使われる機会はなくなっているようです。
 


自閉症についてのエトセトラ
自閉症とはどんなものなのか、わかりやすく解説しています。
これで安心、汗の臭い対策情報局
気になる汗の臭い。当サイトでは、汗の臭い対策を紹介しています。



(c) 手形の知識HowTo